誰でも作れるオリジナルバッヂの魅力

自分の好きな写真やイラストを使って、簡単に誰でも作れるオリジナルバッヂの魅力についてのご紹介です。すでにできあがった市販の物を購入するのも良いですが、自分の好きな写真や特別な思い出の写真、自作のイラストを選んだりして好きなように作ってみると、とても楽しいですし愛着が湧きます。自分で楽しむだけでなく、思い出グッズとしてプレゼントしたりしても大変喜ばれるアイテムの1つです。インターネットで検索しても分かるように、身近な物で作って実際に使用して楽しんでいる方が続出しています。いろんな作り方や方法がある中から、誰でも簡単にすぐ取り組める方法でおすすめの例を挙げていきたいと思います。材料費もあまりかからないのでこの機会に是非チャレンジしてみて下さい。

100均のくるみボタンでオリジナルバッヂ

好きな布を挟んで包むことでボタンを作ることができる「くるみボタン」ですが、その性質を利用して缶バッヂを作ることができます。100均や手芸店で購入することができ、何個も入っているのでたくさん作ってみたい方にはコスパも良いです。用意する物は、くるみボタンキット・好きな写真やイラストをプリントした紙・クリアポケット(薄い透明なビニール素材の物)・安全ピン・両面テープ・油性ペン・ハサミです。作り方は、くるみぼたんキットに入っている台紙を使ってクリアポケットを丸くかたどり切り取ります。お気に入りの写真や紙を型に合わせて切ります。紙はなるべく薄めが良いので分厚い紙質の場合は別にカラーコピーをした物を使うと 良いです。くるみボタンのパーツの中央に両面テープを貼り、パーツを紙の真ん中にくっつけます。台紙に切り取ったフィルム→紙の順に重ねて、シリコン型にぐいっと押し込みます。押し込めたらフィルムと紙の余った部分を内側に折り込みます。裏のパーツを専用の道具で押し込んで裏の部分に安全ピンを通したら完成です。

お店の簡単写真プリントでオリジナルバッヂ

写真屋さんのプリントサービスで、好きな写真や思い出の写真を選ぶだけで作ってくれるという画期的なサービスがあります。作るのがどうしても苦手だという方や、手作りの物よりもう少しクオリティが高い物が欲しいといった時に大変重宝するプリントサービスです。お店にもよりますが、相場は大体1つあたり300円~400円程で、スマホやデジカメの写真を使用することができます。取り付け部分を安全ピンタイプやマグネットタイプなど自分で選択することもできますので、とても良い仕上がりになります。手作りの物に比べると費用はかかりますが、写真を選ぶだけなので比較的短時間で作ることができます。思い出の品としてプレゼントや自分だけのオリジナルグッズを販売したいという方にもかなりおすすめです。