オリジナルバッヂの作成にかかる費用

ノベルティグッズや記念品として配ったり、大切な人やお世話になった人へのちょっとしたプレゼント、学校行事やスポーツイベント、町内会の催しなどで身に付けるためのグッズ、ハンドメイドのフリーマーケットや同人イベントの販売用など、オリジナルバッヂの使い道はたくさんあります。作成するために必要な費用はサービスを提供する会社によって異なり、土台となる素材や注文個数、特殊加工の有無なども値段に大きく影響します。1個だけの製作や小ロットだと単価が高くなり、大量注文すると割引が受けられることもあるのでどのくらい必要なのか、何のために使うのか、オーダーをする前にどんな作品を作りたいのかしっかり決めておきましょう。上手に作成すれば低予算でも素敵な作品ができます。

シンプルなものは数百円で作れる

ブリキ缶やスチール缶をベースにして安全ピンで固定するタイプのシンプルなモデルなら、1個だけの注文が400円程度、100個注文すれば単価が150円程度、1000個なら30円程度の費用で作成することができます。写真やフルカラーのイラスト、文字、ロゴやマークなど何でも印刷が可能で、本体のサイズも直径2センチから5センチくらいまで選べるので細かいデザインや大きな写真などもモチーフになり、インパクトのある作品が作れます。缶ではなくプラスチック樹脂や布、特殊な金属などを使いたい場合は値段が高くなり、特に社章や校章のような切り抜き型で凝ったデザインのオリジナルバッヂは1個が数千円以上になることもあります。コーティングや磨き仕上げを希望する場合も特殊料金が加算されます。

大量注文で単価を下げてお得に作成

なるべく安くオリジナルバッヂを作成したいときは、一番シンプルな缶タイプをベースにして大口注文をすればかなり単価を下げることができます。サイズが小さめのブリキ缶ならフルカラー印刷でも1個数十円で作れるので、販売促進用や大勢の参加者がいるイベント用、全生徒に配ったり大量に売りたいときなどに活用できて、安くてもデザインが優れていれば素敵な作品に仕上がります。自分でイラストを描いたりデザインをするのが苦手なら、あらかじめ用意されているテンプレートを使って作成できるサービスもあるので誰でもプロのような作品が作れます。安全ピンで固定するタイプのほかに、裏側をマグネットにしたりペンダントやキーホルダー、ストラップなどに加工できるタイプのオリジナルバッヂもあります。